不動産屋でちょっと高めの物件を借りようとして、収入は十分にあるけど定職についていないために貸し渋られるということがあります。
特に風俗や夜の仕事をしている若い女性が年齢不相応に家賃の高いマンションを借りようとしていると不自然で、大家が不審がることが多いです。
しかしそこは蛇の道は蛇で、アリバイ会社を紹介してくれて、入居審査突破にまでこぎつける例も多いものです。
不動産会社は手数料が入れば損にはなりません。
不動産業界の裏事情を良く知っている会社ならアリバイ会社とのコネもあるのです。

アリバイ会社を利用した入居審査突破計画

アリバイ会社を利用した入居審査突破計画 アリバイ会社は入居審査を突破させることが目的の会社です。
たとえば風俗で働く若い女性に物件を貸すことを嫌がる大家は多いですが、はそこそこの収入があって、収入が家賃の3倍ぐらいあれば大家を納得させられるラインでしょう。
正業で若い18歳や20歳の女の子が大金を儲けられる仕事はそんなにありません。
だからエステティシャンのように仕事が歩合で決まり、給料が月手取り30万円程度という触れ込みだと大家は安心するようです。
アリバイ会社はその会社で働いているという勤務証明書を書いてくれます。
手数料はだいたい家賃の1カ月ぐらいが相場です。
アリバイ会社は法外な利用料は取りません。
地方から出てきてウイークリーやマンスリーマンションに住まわされて多額の家賃を払うよりもアリバイ会社を使って定住できる物件を借りた方がお得です。

入居審査は正社員だと強い!そこでアリバイ会社が活躍

入居審査は正社員だと強い!そこでアリバイ会社が活躍 住宅を借りる際には、仕事をしているかどうかということが非常に重要となります。
無職では審査に通らず賃貸契約をできないことが多いからです。
仕事をしていたとしてもアルバイトなどの不安定な働き方では契約できないこともあります。
賃貸契約を結ぶ場合に最も有効なのは、やはり正社員で勤務している場合です。
しかし、正社員の仕事というのはそう簡単に見つかるものではありませんし、それまで家を借りられないとなると困ってしまいます。
そんなときに利用されているのが、アリバイ会社です。
アリバイ会社とは、無職の方や不安定な仕事に就いている方のために勤務先を装い、源泉徴収票なども発行するというサービスを行っている会社です。
賃貸契約の際にはその企業に正社員として勤めている旨を書くことで入居審査に通りやすくなるのです。
とは言え、入居審査の際には在籍確認をされる場合があります。
契約者が本当にその企業に勤めているかどうかを電話や訪問によって確認するのです。
アリバイ会社によっては、その点についてもきちんと対応してくれるところがあります。
賃貸契約をする際には、在籍確認にもしっかりと対応してくれるアリバイ会社を選ぶことが重要なのです。

保証人代行に関するおすすめリンク

保証人の代行を依頼する